自分で修理する

水漏れ水道の水漏れが起きる原因はいろいろと挙げられるのですが、もし簡単に治るような場合だと自分で修理するということも可能です。ハンドルレバーや接合部から水がぽたぽたと落ちているような水漏れだとナットやボルトが緩んでいるだけということも考えられますから、工具さえあれば自分で修理ができます。ハンドルレバーを新しいものに交換したときなどにこうしたことが起きやすいですから、その場合だと業者に連絡すれば無償で対応してくれるかもしれません。そんな暇はないという方だとモンキーやレンチなどを使ってボルト、ナットを締めなおせば治ります。

パッキンやコマ、バルブといった内部パーツが摩耗していたり劣化している場合でも水漏れが起きてしまいますが、このような場合でも自分で修理することは可能です。多少の知識は必要となりますが、今のご時世インターネットでどのようなことでも調べることができますし、水漏れの修理もその気になれば自分でできてしまうでしょう。特にパッキンやコマなどの交換は誰でもできますし、部品もホームセンターで販売しています。必要最低限の知識と工具、パーツさえあれば自分で修理することも可能ですから、DIYでの修理も検討してみましょう。

関連リンク≪水道修理

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket